美肌のためには泡で洗うのが重要

もこもこの泡で洗顔するために

洗顔の時、手ではなく泡で洗うと肌への刺激がなくていい、ということをよく聞きますよね。そこで今回は、洗顔石鹸で泡を作るコツについてまとめてみました。まず、洗顔前は手に汚れがついていると泡立ちにくくなりますので、手を洗う事が大切です。手のひらに水がある状態で、石鹸を手のひらに乗せて両手でくるくる回します。

少しずつ手のひらに水を加え、さらにくるくる回します。少し粘りのある泡ができますから、手のひらに集めてさらに水を加えます。(手と石鹸の間に空気を入れながら泡立てます。)水を加えると空気を含んだ泡となり大きくなりますので、潰しながら手のひらに集めます。このような手順でキメ細かい泡を作る事ができますので、泡立てネットがなくても簡単にできます。

泡立てネットを使っても上手く泡が作れない場合

泡立てネットを使っている人は、ネットの中に洗顔石鹸を入れて泡立てていることが多いのですが、泡ができるためには空気も関係していますので、すばやく泡立てるためには中に入れず、洗顔石鹸ランキングの石鹸とネットをこすり合わせて使うのがポイントです。

もちろん、泡立てネットも洗顔石鹸もきれいに洗い、清潔な状態で使うことも重要です。泡立てネットを使う場合も手のひらで泡立てる場合と要領は同じで、空気を含みながらこすり合わせるのがポイントです。水・またはぬるま湯を加えたり、泡をかき集め、大きい泡は潰したりしながらキメ細かい泡を作っていきます。キメの細かい泡で洗顔するのが美肌作りの大きなポイントです。粗い泡だと毛穴の中まで洗う事ができませんので、面倒くさがらずにしっかりと泡立てることを意識するようにしましょう。